生命保険における保険料の特性

Posted by Wilson Cham 2009-12-03

そもそも保険というものは難しく、保険料の詳細もなかなか馴染みがないという人も多いと思います。
しかし、シンプルに考えると、意外とわかりやすいものだとも言えます。
保険は、保険金を受け取るために保険料を支払っていくものです。
保険というものの中でも、傷害保険や生命保険はこういったものが多いです。
しかし、保険料や細かい内容については、保険代理店や担当者に聞いてしまうのが、一番早いと思われます。
一昔前は、生命保険の営業があり、その勧誘で入るという流れが多かったと思われます。

なぜ保険が必要かという話ですが、基本的に保険は壊れたものを直すときや、失った際に金銭的にカバーするという意味合いがあります。
その時のために、コツコツと保険料を積み立てていきます。
しかし、生命だけは取り戻すことができません。
それなのに、生命保険という商品が世の中で出回り、多くの人が保険料を支払っています。
では、何故生命保険というものがあるのかと考えると、これは残された人間のために保険料が支払われるものということになります。

家族を始め、身の回りの人が、自分の死後どれぐらいのお金が必要となるのかということを考えて、保険料を積み立てます。
生命保険は、他の多くの保険とは、大きく性質が異なります。
それは、完全に他者のためにあるという部分です。
つまり生命保険に加入し、保険料を支払う際は、完全に他者への思いやりということが挙げられます。
人間は、死亡してからも葬式代や手続きなどでお金が必要となります。
その際に、家族や身の回りの人が、それらを負担するようにはしないために、保険料を積み立てておくわけです。

Add A Comment